事業協同組合とは

事業協同組合とは、中小企業等協同組合法に基づく中小企業等協同組合の一種で,中小企業や個人事業主が集まって組合として各種活動(
生産・販売・購買・資金調達・人材育成など)を行うことで経営の合理化や取引条件の有利化を目指すための組合です。

外国人技能実習生の受け入れなど、中小企業単独ではなかなか面倒で困難な事業でも、共同で事業協同組合を設立することでこれを可能に
することができ、最も利用されている中小企業等協同組合です。

事業協同組合は、管轄官庁または都道府県知事の認可を受ける必要があり、許認可のプロとして行政書士がお手伝いすることが大半です。
また、事業協同組合は登記の必要がありますが、弊事務所の代表は司法書士事務所勤務経験があり、提携司法書士との連携もとてもスムース
に行うことができます。

外国人技能実習生受け入れの場合は、ビザ申請に多くの実績を持つアルファ・サポート行政書士事務所の強みがいかんなく発揮されます。



   

お問合せは、信頼と実績の

アルファサポート行政書士事務所へ

メモ: * は入力必須項目です